「通院」を特別な日にしない。 習慣をひとつ増やすだけで、美しい笑顔は守られる。

2013.01.31更新

歯医者さんで、先端の尖った器具で歯と歯の間をガリガリとされたことはありませんか。これは、スケーラーと呼ばれる専用の器具で歯と歯の間の歯石を取り除く診療です。
よく「歯石取り」と言われますね。

歯周病の予防として行う診療で、通院が必要な歯周病治療では来院毎に必ずこの歯石取りを行います。
歯石を取らずに放置しておくと、歯石の上に歯周病菌が付着して歯周病の発症したり、歯周病進行の原因になってしまいます。

歯石はプラークが石灰化した物で、歯の隙間や歯周ポケット内にこびりついているため、歯磨きで取る事は非常に困難です。
当院では歯石が溜まっている部位、付着状況等に応じて「手用スケーラー」「超音波スケーラー」「エアースケーラー」を使い分け、目で確認しながら丁寧に取り除いてゆきます。

歯石取りは、歯が健康な方でも、3ヶ月から6ヶ月に1回は行っていただくことをお勧めします。
というのも、歯石を全て取り除いたとしても再形成されてしまうからです。
定期的に通院いただいて継続的に取り除いていくという地道な繰り返しをしてこそ、歯周病の発症や進行を防ぎ、結果歯の喪失を防ぐことができるのです。

尖ったものを歯と歯の間に入れるので「痛い」というイメージがあるかもしれませんが、熊谷の当しみず歯科クリニックでは熟練の歯科医師と衛生士が診療を行うため、痛みも殆どありません。虫歯、歯周病予防のために、定期的に歯石取りにお越しください。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.01.30更新

当院では、PMTC(ProfessionalMechanicalToothCleaning)という、歯科医、歯科衛生士が専用器具を使って歯磨きで取り除けなかった細菌やプラーク(歯垢)を取り除く歯のクリーニングを行っています。

虫歯の原因である虫歯菌、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)をお口の中から取り除く事で虫歯や歯周病から歯を守る予防となります。
また治療後の細菌感染防止目的で「歯のメインテナンス」としても行います。虫歯、歯周病の発症を防ぐだけではなく、治療後の再発予防として一般的に行う診療でもあります。

PMTCの特徴としては、心地良く、痛みがなく、短時間で終了し、歯周病治療の一環として行うPMTCであれば保険適応になり安く行える事です。

診療を受けた患者さんからは、「歯がツルツルして口の中がとても気持ち良いです」と喜んでいただいています。
効果に関しては個人差がありますが、「歯の黄ばみ」や「たばこのヤニ」を落とすこともできるため、審美目的で受けられる方も多いです。

手軽に安価でツルツル、ピカピカの歯を手に入れられる当院のPMTCを是非体感してみてください。
気になる、という方は、歯のクリーニングをしたいとお気軽にご来院下さい。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.01.28更新

当院では、お子さまの大切な歯を虫歯から守る定期健診を行っており、万一虫歯になってしまった場合には痛くない小児歯科治療を行っております。
小児歯科では、たんに虫歯を治療するだけでなく、乳歯が将来永久歯に生え換わった際に歯並びが悪くなり、そのことで咬み合せに悪影響が出ないように適切な治療を行います。

歯並びの悪さは見た目だけの問題ではなく、歯並びの悪さからくる悪い咬み合せは、永久歯が虫歯になりやすくなるだけではなく、身体全体にも影響を与えるほど重要な問題につながってしまう可能性があります。
例えば、一般的に多動児には歯並びの悪い子が多いとされていますが、それは歯並びの悪さが顎を小さくし、それが脳の発達を抑制してしまうことによって落ち着きのない子になってしまうという危険性があるからです。

お子さまの歯の健康、歯の美しさ、そして将来のためにも、お母さま、お父さまが日頃からお子さまの歯磨きと仕上げ磨きを徹底し、定期的に歯科検診を受けるようにしてあげてください。
当院では、歯科医を嫌がるお子さまのために、痛くない治療と母子同伴診療を行っており、お母さま・歯科医師・スタッフとの連携でお子さまの治療をサポートしてゆきたいと考えております。

お子さまの歯についての質問や疑問はお気軽にしみず歯科クリニックへお寄せください。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.01.24更新

「親知らず」は、前歯から8番目に生えてくる歯を言います。
親知らずは20歳前後で生えてくるので、平均寿命が40歳前後だった頃の人たちは、自分の子どもの親知らずが生えてくる前に他界してしまいこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずという名前の由来だと言われています。

親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合があるのですが、この歯はまっすぐに生えてこない場合が多く、そのため歯磨きで十分に磨くことが不可能な場合があり、虫歯の原因や炎症の原因にもなりやすい歯です。
また、親知らずの歯そのものだけでなく、隣接する健康な歯に細菌が感染して虫歯になってしまう事もあります。

親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても再発してしまう可能性は非常に高くなっています。
そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯するというケースが多々あります。
それは、抜歯することで、今後起こり得る歯の病気、他の健康な歯への影響を予防できるからです。

親知らずが痛むようであれば、早く抜くことをお勧めします。
当しみず歯科クリニックでは、痛くない親知らずの抜歯を行っています。
親知らずの不安は熊谷のしみず歯科クリニックが解消いたします。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.01.16更新

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始、皆さまはどうお過ごしになられましたか。
田舎に帰って久しぶりに親戚や旧友と会われた方、海外旅行へと出掛けられた方、自宅でのんびりと過ごされた方、それぞれのお正月休みを満喫されたことと思いますが、連日の飲酒や長時間のフライト、こたつで朝方までうたたね…
などという不規則な生活で、歯のお手入れを怠ってしまっていませんか。

健康な歯を保つためには、やはり毎日のお手入れをかかさないことが大事です。
どんなに酔っ払っても、歯磨きくらいして寝た、という方のなかにも、歯や歯茎を傷つけてしまうような間違ったブラッシングをしているケースがあります。

虫歯や歯周病にならないためには、ただ習慣だからと適当に歯磨きをするのではなく、正しいブラッシング法で歯磨きすることが肝心です。

当院では、予防医療に力を入れております。
虫歯でもないのに歯医者に行く必要ないとおっしゃらず、虫歯になる前に、歯に痛みを感じる前に当院まで足をお運びください。
おひとりお一人の歯の状態を細かくチェックし、適切なブラッシング法を伝授いたします。健康な歯で、今年一年を元気に楽しく過ごしましょう。

投稿者: しみず歯科クリニック

しみず歯科クリニック TEL:0120-013-528
院長ブログ 社団法人埼玉県歯科医師会 しみず歯科クリニック公式Facebookページ 各種クレジットカードを取り扱っております 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC