「通院」を特別な日にしない。 習慣をひとつ増やすだけで、美しい笑顔は守られる。

2013.04.26更新

歯石という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
歯医者で治療が終わった時、歯石を取りましょうと言われた経験のある人も多いはずです。

歯石は、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が少しずつ唾液の成分で石灰化して固まったものです。
食べ物のカスが固まって出来るものだと思っている人も多いようですが違っています。
毎日の歯磨きをしっかりと行うことで、歯石の原因となるプラーク(歯垢)が毎日しっかりと排除されるので歯石ができにくくなります。
歯の健康のためにも定期的に歯石をとることはとても重要なことなのです。
歯石を放置しておくと、歯石の上に歯周病菌が付着して歯周病の発症、歯周病の進行の原因になってしまいます。

熊谷のしみず歯科クリニックでは、歯磨きでは取ることが難しい頑固な歯石を目で確認しながら丁寧に取り除いています。
歯石取りは定期的に継続的に取り除く事が理想です。
歯石取りは、地道な繰り返しが歯周病の発症や進行を防ぎ、結果的に歯を失うことを防ぐことにもなります。
一般的な目安ですが、3カ月から6カ月に1回の歯石取りが理想的です。
当院では、熟練の歯科医師と歯科衛生士が歯石取りを行いますので痛みもほとんどありません。
歯周病予防と進行防止のためには歯石取りは欠かせないものです。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.04.23更新

歯医者とは、歯が痛くなってから行く病院だという考え方を日本人の大多数が持っています。
歯医者が怖い、歯医者は痛い事をするところなどというイメージや経験がある人も多いのも現状です。

虫歯などで歯が痛くなってから歯医者に駆け込んで痛い歯を治療する時に多少の痛さが伴う経験から歯医者を怖がったり痛がったりするイメージが植え付けられてしまっているのも現状です。

近年、日本においても虫歯や歯周病で痛い思い等をした経験から、虫歯や歯周病にならないために歯医者にかかる人が増えてきたのも現状です。自分の経験に基づいて歯に対する意識を高めていく人が増えてきています。

痛い嫌な思いをする前に歯を大切にして、健康で美しい歯を育ててほしいと願い、予防歯科へのこだわりを持って日々治療を行っています。

熊谷のしみず歯科クリニックでは、歯科医師、歯科衛生士による歯のクリーニング、歯石除去、歯の病気の予防接種であり、おこさまの虫歯予防には最適なフッ素塗布、正しい歯磨きの方法をおぼえていただくためのブラッシング指導など歯を守る予防歯科を提供しています。細菌は全て排除したい。それが当院の予防歯科の特徴です。

ぜひ一度お気軽にご相談ください。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.04.20更新

治療したのに歯が痛くなり、夜も眠れなくなってしまったという経験のある人も多いと思います。体などの痛みはどれも辛いものですが、歯の痛みはまた特別辛いと言われる患者さまも多いのが現状です。夜も眠れないほどに歯が痛むという症状は、神経など血管の入っている歯髄まで虫歯が進行してしまった時に起こる症状です。このように歯髄まで虫歯が進行してしまった場合には、根管治療という治療を行います。
根管治療とは、虫歯に汚染された歯の根っこに機器を入れ、機能しなくなった神経や血管を取り除いてきれいに消毒してから空いた穴をふさぎ修復する治療方法です。神経を取り除くため、夜も眠れないほどの痛みは嘘のようになくなります。しかし根管治療はこのままで終わりというわけではありません。細菌が残ったまま修復してしまうと再度根管内部から細菌に侵され、今度は歯を抜くことになってしまう恐れがあります。根管内を定期的に消毒して清潔な状態で修復する必要があります。神経を抜いた歯は、栄養が行きとどかず、割れやすくなってしまうため、しっかりと最後まで治療を続け土台となる根管を修復することが大切です。
根管治療をしっかり最後まで行うことで治療期間は長くなってしまいますが、保険適応される治療となり長期間の治療に関しても金額的な負担は少ないと思います。しっかりと歯の根っこの治療をして完治させることが重要です。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.04.17更新

歯科における二大疾患とは、虫歯と歯周病です。
虫歯とは、歯の硬いエナメル質の部分が虫歯菌によって溶けだしてくる病気です。小学校などでの健康診断で歯の検診を受ける時、シー0やシー1などと歯の状態を記録しているのを誰しも経験していることと思います。シー0やシー1などの初期の虫歯では痛いという自覚症状はなく、歯の表面が溶ける程度の状態です。しかし自覚症状がないことで虫歯とは気がつかなかったり、学校から渡される歯科治療のお知らせなども、痛くないのに歯医者さんに行きたくないとの思いでそのままほおっておくと、知らない間にひどい虫歯に進行していたというのが現状です。
歯医者さんには痛くなってから行くものという考え方が、虫歯を進行させてしまう原因にもなっています。虫歯も初期の段階であれば、表面の歯を削る心配もなく、正しい歯磨きをして進行予防措置メインの診療で終わってしまい、歯医者さんに通うのも1、2回程度で済みます。歯医者さんに行くのは痛くなってからという考えを、歯の定期検査を受ける場所だと考える方向に変えるべきです。そして、いつまでも自分の歯で物が食べられる事を目指していくべきです。

投稿者: しみず歯科クリニック

2013.04.12更新

歯の病気を総合的に改善して、健康的な生活を送って欲しいと願い日々治療を行っています。

当クリニックは、診療室の患者さんに圧迫感がないように天井は吹き抜け仕様になっています。
診察椅子の前には開放感があるウッドデッキを配し、心が落ち着くように配慮しています。
診察や治療前の不安な気持ちでお待ちいただく待合室も、座り心地の良いソファーでリラックスしていただけるよう配慮しています。
待ち時間には、診療の詳しい動画も見られるようモニターを配置しています。
きれいで清潔で居心地の良い歯科医院を常に心がけて、気軽にご来院いただけ、歯の悩みや口腔状態のご相談など歯科全般の診療を行っています。

当院では患者さんと歯科医師とのコミュニケーションを重視し、現在に至るまでの口腔内の状態についてもしっかりお話を伺い、疑問や不安、要望などもお聞きし、ひとりひとりに合った治療計画を提示します。
そして治療内容や費用、期間など出来る限り希望に添い、納得して治療を受けていただくようお話をさせていただきます。
また、治療終了後も長期にわたってお口の健康維持のため、3カ月から半年に一度のメンテナンスをおこなっています。

歯科医院は、虫歯や歯周病など症状が悪化してから駆け込むところではなく、一生自分の歯で健康に過ごすための予防の指導や普及も重視していきたいと考えています。
生涯のお口の健康管理を任せていただけるよう日々努力しています。

投稿者: しみず歯科クリニック

しみず歯科クリニック TEL:0120-013-528
院長ブログ 社団法人埼玉県歯科医師会 しみず歯科クリニック公式Facebookページ 各種クレジットカードを取り扱っております 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC